みんなのお悩み・口コミ掲示板@美容編

美容に関するお悩み、良かった商品の口コミ情報です。

アトピー性皮膚炎のわたしなりのスキンケア方法 2016年2月17日

子供のころからアトピー性皮膚炎に悩まされていたのですが、皮膚の名医と有名だったため長年通っていた病院では、かなり肌荒れの改善ができたのですが、ア トピーの肌荒れの跡や赤み、そして肌が一部、厚みがあることによるトラブルや見た目の肌ツヤの無さは、処方していただいた薬では治りませんでした。

肌の調子が良くなっても、化粧品は絶対に使わないようにと指導されてはいましたが、そのままの肌の状態では人前に出る勇気が出ず、毎日の出勤も辛くて仕方がありません。

社内でも、わかっているくせにアトピーの肌荒れ跡をこれみよがしに嫌な顔をして見られることもあり、そのストレスのためか、気が付けばせっかく改善されてきた肌をかゆみもないのに強く引っ掻いてしまって、また痛みと強烈なかゆみと見た目のひどさに落ち込んでいました。

結局、皮膚科の先生にばれない程度に、アトピー性皮膚炎の患者が使っていたり、敏感肌用といわれる化粧品を片っ端から試して、何とか多少でも見た目の改善ができないか、試すように。

つけた瞬間から肌に染みてしまい、もう二度と使えないと思った化粧品もあれば、つけた直後はなんともないけれども、赤みやかゆみが後程発生したり、試供品 が肌に染みることもなく、肌に変化がなかったものでも、現品を購入し、しっかり何日も使っていると、だんだんぶつぶつが出てきて、肌荒れを発症することも あるので、毎日、化粧品のことを念頭に置いて生活しなければいけませんでした。

ただ、何年かこういう生活を送っていると、だんだん肌に合う化粧品や美容液など見付けるようになり、季節ごとに変わる肌質の変化にも対応できるくらい、春 の肌荒れ市安い時期にはこれ、冬野乾燥肌対策にはそれ、といったように、いくつか肌を改善してくれるアイテムが徐々に増えてきます。

そのおかげで、皮膚科に行く回数も減り、今や全くお世話になっていない状況になりました。

時間はかかりますが、肌の弱い場合は、あせらずしっかり自身の肌と付き合うことが、理想の肌に近づく最短距離ではないかと思っています。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です